2017年

4月

30日

神戸はしご酒

0 コメント

2017年

4月

29日

エビフライビフカツハンバーグ

0 コメント

2017年

4月

28日

金曜日のしぇりーごはん

0 コメント

2017年

4月

22日

お寿司と唐揚げとケーキ

友人宅で子どもたちも混じえて食事会。

・コストコのお寿司×3

・バットいっぱいの唐揚げ 2kg

・たっぷりのサラダ

他にもいろいろ。最後にはケーキまで!ローソク30本。

0 コメント

2017年

4月

21日

ケシパールのチーズケーキとコーヒー

0 コメント

2017年

4月

20日

藍家の日替わりごはん

0 コメント

2017年

4月

15日

Veronica persica

オオイヌノフグリ

0 コメント

2017年

4月

12日

春の雨

春の雨が桜のピンクを溶かしていく。今年も春が終わってしまうっていう寂しい気持ちもあるけど、桜が咲いている短い間、みんなどこか浮き足立ってソワソワしてしまうからちょっとほっとする気持ちもある。昼間はあたたかくて夜になるとまだまだ肌寒い。こんな日々もあとすこし。

0 コメント

2017年

4月

10日

さくら

まさに今、満開の桜。ちゃんとした花見はしてないけど、至る所であ〜〜今!今だね!ってなる。

0 コメント

2017年

4月

06日

横顔

0 コメント

2017年

4月

05日

小さなともだち

友だちの子どもとアンパンマンミュージアムへ。

帰りたくない!と泣くほど、あの年頃の子にはヒーローのアンパンマン。

ショーを見たあと、なぜか涙が出そうでうるうるしてしまった。。。

子どもだけじゃなく大人にも、ヒーローはみんなにヒーローだった。

0 コメント

2017年

4月

04日

春の装い

やっと暖かくなってきて、冬のコートはもうしまいたいけど、この季節なにを着たらいいのかわからない。(毎年言ってる。)

そんな日に北野坂を歩く素敵な後ろ姿を発見。

古着っぽい花柄刺繍のコートがあんまり可愛くって、つい尾行&スケッチ。春にぴったりの装い。

0 コメント

2017年

3月

31日

ツバメがやってきた

今年もツバメがやってきた。

と言ってもまだお部屋の下見の段階で、決定はしていない様子。

それでもツバメの姿を見ると、ほんとうに春が来るんだなあと嬉しくなって、頭の中がすっかり春色になってツバメに話しかけたりしてしまう。

こういうところ、年々母に似てきていると自分でも思う。

 

ここ数年は実家にもツバメが巣をつくりにやって来る。

ツバメがいる間は、母の優先順位の第一位はツバメになり、家族のご飯よりも何よりも、とにかくツバメに夢中なのだ。

吹くとツバメが寄って来る口笛のようなワザも習得していて、それでツバメと会話している。

それが本当に鳥の鳴き声かと思うほど上手い。謎である。

わたしもあと数十年したら、きっと立派に謎の口笛の吹けるツバメおばさんになるのだろうなあ。

0 コメント

2017年

3月

28日

なんもしない日をつくらない、春

春の目標をきめた。

なにもしない日をつくらない。

なんでもいいから、とにかく毎日なにかすること。

ばかみたいで、ぼんやりしてるように聞こえるかもしれないけど、冬眠中はほんとうになんにもしない日っていうのが続いた。仕事に行って、食欲を満たして、寝る。これはなにもしない日。

やっとやる気も動く気も自然に起こるようになってきたので、毎日何かをつくりだす。

例えばごはんを作るでもいい。食欲を満たすだけの食事ではなく。

例えば誰かに会って話すとか、どこかに出かけるとか。

他者と関わることは、一人で過ごすことと圧倒的に情報量が違う。

どこかに出向くことも、一人で部屋にこもっていることとは違う。

ごくごく当たり前なことだけど。

 

毎日少しづつでも手を動かして何かを描いたりつくったりしていると、わたしは健康でいられる。精神安定剤みたいなものだ。

気分が沈んで描かないと、余計に沈んでいく。沈んだ気分を吐き出すのが描くことなのに、それすらしなくなったら、もう浮き上がれなくなる。

だから吐き出していく。下手くそでもかっこわるくても、出していく。

2017年

3月

26日

ビューティフルグッバイ

0 コメント

2017年

3月

25日

人生フルーツ

人生フルーツという映画をみた。

東海テレビが制作したドキュメンタリー作品。

内容のことはあまり言わないでおきたいけど、あまりにも良い映画だったので、誰かにおすすめしたい。

こういう暮らしがしたいとかスローライフに憧れるとか、そういうんじゃなくて、自分にとって何が大切なこと・もの・人なのか。それをどうやって大切にすればいいか。考えた。

まだ答えは見つからないけど、きっとわたしはそれを見つけられるし、生きていける。

そんな希望を与えてくれる生き様を少しばかり覗かせていただいた、そんな気持ち。

淡々と日々を生きるお二人の姿になんでか涙が出て、笑顔になれた。

 

絵は、ぜんぜん関係ない今日のわたしの格好。

いつどこで買ったか思い出せないヘンな模様の古着のコート。

気に入ってる。

2017年

3月

24日

まわる

2017年

3月

21日

冬眠から春へ

ずっとずっとずっと放置していたこのえにっきを、久々にこっそり再開してみようかなと思いたった。

しばらくの間に、描きたいものや描けるものがずいぶん変化してきたけど、その時に描きたいものを描きたいままに記録しておこう思う。

ルールは決めない。

スケッチブックの片隅のラクガキみたいなものからはじまるかもしれないけど。

気ままに文章も書いてみたり。

吐き出し方のリハビリのつもりで。